トップ

定期的

インプラントのリスクについて

近年、人気が高いインプラント治療ですが、リスクもあります。例えば、治療では顎の骨に人工歯根を埋め込むため手術が必要となりますが、その時に大きな血管を傷つけることによる大量出血や神経を損傷してしまうことによる唇等の麻痺などを発生することがあります。しかしこれらの事態は、手術の前に口腔内の状態をレントゲンやCTなどで精密に検査し、血管や神経の位置を的確に把握した上で手術を行えば、ほとんど発生することはありませんので、避けるために、インプラントの手術前に入念な検査を行う歯科医院を選ぶことで避けることができます。

治療のリスクについて

見た目の美しさや天然の歯に負けない噛み心地が得られる事からインプラント治療の人気が高まっていますが、特に前歯の場合はリスクも発生しやすいため高度な技術に対応できるような医師を選ばなければなりません。特に細菌の感染によって治療をした部分に異常が発生すると、せっかく歯を埋め込んでも欠落してしまうという危険性もありますので、まずは歯を支える歯ぐきや顎の骨は問題ない状態であるかなどインプラント治療前に検査してもらいます。さらに歯肉の厚みが少ない場合は歯ぐきの黒ずみの原因にもなりますので、適切な判断のもとで骨への埋め込みが可能かどうかの決断をするようにします。

↑PAGE TOP